スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北の空に吹く風 2
私共のツアーがお邪魔した先は、仙台に隣接した工業地帯の多賀城市。
わざわざ市の防災課の方々がアテンドして下さった震災復興プログラムは、まだまだ手探りではありますが、資料も説明も全て手作りです。
この経験は絶対に風化させないという決意の下、色々と模索した中での広報プログラムは、当時の市内を撮影したDVDや写真なども使った説明と、実際にその中に登場した場所の見学という内容でした。

しかし、市内の至る所、まだまだ津波の跡がひどく残ります。
大幅に冠水した道路こそ元に戻ってはいるけれども、賑わった繁華街の店舗は、全壊した建物を取り壊すことすら出来ない状態。復旧させたくとも資材不足や職人不足で、どうしようにもない有様。
溜息をついて小脇の小さな川に目を逸らすと、いかにも普通に民家が建っているように見えるのですが、実はその場所が橋桁の上。
あり得ない場所に土台ごと流された家を撤去させるには、500万もの高額なお金を必要とし、そうしたくともできずにそのままになっているとか。
ライフラインが完全に復旧しない交差点では警官が手信号で車を誘導し、かつては家族連れで賑わった郊外のスーパーは、やっと2階で仮営業。
あれほどの津波を考えれば、5ヶ月あまりでよくぞここまで復旧復興させたと思うべきなのでしょう。
しかし、片付けることすら出来ない状態での復興はあり得ない。辛い現実は確かにありました。
市の防災担当の方は言いました。
「あの地震の揺れだけを見れば、そう大きなものではなかった(多賀城は震度5強だったそう)。壊れたものを片付ければ済んだことです。ですが、その後に襲った津波の被害が甚大だったのだ」と。
林間に一輪気高く咲く
沿岸部の工業地帯は、埋め立て地特有の、起伏のない地形です。
震災当時は平日の昼下がりで、まだ大勢の方が工場に勤務しておられた時間帯でしたが、ほとんどが地震の後に高い場所、例えばビルやマンションの高層へと避難し、何とか難を逃れたようです。
つまりは、現地の皆さんは、地震と津波をセットにして考えておられた。日頃そうやって避難訓練を受けておられたからこそ、非常時にそれが生かせたとも言える。
いつくるやも分からない災害です。それにいかに真摯に取り組んだか。
経験をそのままにしておかず、後生に伝えることは、このことからも本当に大事なことなのです。
さて、神戸はいかがなものでしょう。あの時の経験を、草の根的に広く伝えようとしているだろうか?
”喉元過ぎれば熱さを忘れる”ではないですが、そろそろ気のゆるみが出てきてはいるのではないだろうか。
そう思いつつ過ごした現地視察でありました。
スポンサーサイト
東北の空に吹く風 1
遅くなりましたが、8月20~21日は、職場の東北復興支援プランの一つとして仙台方面に一泊二日で参りました。
前日にかなり大きな余震などもあり、ちょっとどきどきしましたけれども、何事もなく無事行ってくることができました。
現地も先週までは猛烈な暑さだったそうですが、私たちが行く辺りでとても涼しくなり快適そのもの。
秋雨は降りましたが、丁度その止み間に外歩きすることができましたので、傘も差さずに済み、うちの集団の悪運の強さをまざまざと思い知りました(笑)
実は帰宅後、業務多忙過ぎて、まだ写真整理どころか、カメラからデータを吸い出すことすら出来ていない体たらく。
現地の写真をお披露目するのにはもう暫く時間が必要でして、その間は先日撮った植物園の花の写真と一緒に、現地の話を進めて参りたいと思います。
フシグロセンノウ
関西から東北へと移動する際は、最近はほとんど飛行機利用になるのではないかと思います。
私たちも同様に、まずは仙台空港へと降り立ち、東北の旅を開始しました。
しかし、仙台空港は海に面している空港です。
3月11日、津波に襲われ、滑走路が泥水に覆われる映像を目の当たりにしてショックを受けられた方は多かろうと思います。
私も現地の話は折々耳に挟みますために、少々覚悟をして降り立ったわけですが、実際はと言いますとその痕跡は全く見られず、逆にびっくり致しました。
いえ、痕跡が見られないというのは語弊がありますね。
津波が洗った痕跡はそこかしこにあるんです。やはりあちこち復旧作業中ですし、外観もまだ完全に元通りとは確かに言い難い。
しかし、当時1階が完全水没したと言われる空港ビルは、それが本当かどうかが分からないほどになっていましたし、まだレストラン等の再開が出来ないだけで、とにかく通常利用する分には全く問題がないほどに元通りになっていました。
これだけでも、人間の復旧に向けたパワー、何度も災害から立ち上がってきた日本人の対応力は(たとえ政治に問題があろうとも)、凄いものがあるのだと、仲間内で感心していましたね。
もっとも、復旧に向けるエネルギーは、やはり衣食住、そして物流といった、今の生活に必要な部分に集中して注がれていますから、空港周辺の広大な空き地は・・・そこは以前は田んぼだったところで、本来なら今頃は青々した稲が棚引いているはずだった場所なのですが、塩害を受けて立ち枯れた雑草が覆い、あちこちで車や船がひっくり返っている荒涼とした風景が広がっていました。
或いは、街中で溢れた瓦礫や廃車にせざるを得ない車の仮置き場として使われているか・・・。
この瓦礫の山が片付き、元の爽やかな水田になるには、まだまだ相当長い月日が必要なのだろうと思われました。
草むらの中の歌
Copyright © Le Vent Bleu. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。