スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北の空に吹く風 5
仙台の奥座敷と言われる秋保温泉。
怒濤のツアーが暫し休息させていただいた場所です。
実は、今回宿泊させていただくまで、「あきほ」と読み違えておりました(--;)。
まさか「秋保」と書いて「あきう」と読ませるとは思いませんでして、地名とは難しいもんですねぇ。

名取川の上流に位置する秋保温泉。
伊達家とも縁の深い名湯ですから、歴女の方も温泉好きな方もご満足いただけますよ。
何しろ泉質が上質!今だに肌がつるりんとしておりまして、はるばる遠くまで出掛けた甲斐がありました♪
旅館の温泉を全部制覇することは滅多にしないのですが、この私が旅館3箇所のお湯を全て体験するほどですので
余程気に入ったと思っていただければ。
そして、東北とは米処!米が美味しい水も美味しいで、お酒がこれまたとびきり美味しい!!
一汗流した宴会では、お料理と一緒に日本酒を堪能させていただきました。

その舌鼓を打たせていただいた銘酒 「浦霞 禅」

実はこの時点で、すでにお土産が重くなりつつあった私。
お酒ならば関西でも見つけられると思ったので、買って帰るのをやめたのですけど、うーん・・・やっぱり宅急便で送った方が良かったかも?とかなり反省中です。
で、なぜ私の前に酒瓶並べるのか。
まだ馬脚を現していないと思うのですが、酒飲みには酒飲みの匂いが分かるんでしょうかね?

で、すみません。旅館の写真がありません!
酔っ払い集合の宴会場で、何かがあったらいやでしたし。どうせ撮る余裕もなかろうと思ったので、宴会場に持参しないでいたんです。ですから、さらりと流しております。

写真としては、翌朝の朝食のものを。
朝ご飯が美味しくて美味しくて!
和食バイキングでした。地産地消に拘った食材で、これまた堪能させていただきました。
よく東北の味付けは塩辛いとお聞きします。
なので、薄味系の関西人は特に濃く感じるのかな~と思ったのですが、牛タンの利久でもこちらの旅館でも、特別塩辛く感じることがなく、私にはとても美味しいものでした。
もっともこの厚焼き卵は、やや砂糖が勝っている感じでしたが、ごま油の香りとともに徐々に口に馴染んで、これはこれで美味しくなってくるんですね。目の前で焼いて下さるライブ感も食欲をそそります♪
野菜類は言わずもがなです。多分近所の契約農家のものなんでしょうね。
トマトもキュウリも懐かしいもぎたての味がして、全員が口を揃えて美味しい美味しいを連発していたんですよ。
お米は秋保米。ちなみに梅干しは紀州南高梅(笑)でした。
意外なところで地域文化がランデブーです(笑)
スポンサーサイト
東北の空に吹く風 4
松島の付近は、牡蛎やわかめの養殖がとても盛んなところです。
あの地震がなければ、島影とたくさんの養殖のいかだとかもめと・・・三陸の穏やかな海を満喫できたかと思うのですが、あの津波で養殖いかだは全滅し、島の形状も変わりました。
それは辛いことではありますが、人間はたくましいです。この先は小島の伝説が増えるでしょうし、いかだたちもまた数をどんどん増やしていくだろうと思われます。
養殖いかだ、復活!!
この牡蛎やわかめたちを堪能できるまでには、まだ数年かかるかと思うのですが、その頃にはきっと今よりももっと笑顔が増えていると思います。

そうそう!!東北名物は海産物だけじゃない!!
牛タンもまた美味しいところです♪
私たちが昼食で立ち寄ったお店は「利久」という牛タン店。こちらは、とても有名なお店のようですね。
私たちが立ち寄った際も大勢の方が詰めかけていて、その方々を尻目に団体で入らせていただくことがとても申し訳なかったのですが・・・(^^;)。
牛タンの炭火焼き、タンシチュー、テールスープとお店の看板商品が全部盛り込まれた定食に舌鼓を打たせていただきました。
牛タンの分厚さなんて、関西で見るものと全く違う!!タンシチューにも牛タンが惜しみなく。
またテールスープも本当に美味しくて、量的にも食べ応え満点!!
一瞬「食べ切れるかな」と思ったんですが、杞憂でした・・・(笑)
牛タン三昧
余談ですが、帰りの空港の売店で、このお店の牛タンとテールスープのお土産を見つけまして、ツアーのほぼ全員が買って帰っていたんじゃないかな。
私も漏れなく旦那へのお土産にしまして、「自分だけエエもん食べて」を贖罪しました(笑)
Copyright © Le Vent Bleu. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。