スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北の空に吹く風 6
旅行期間がたったの一泊ならば、その2日目の旅程は帰路を意識して仙台周辺を観光するだろうと思います。
そう。一般のツアーなら、ね!
だから、2日目に、仙台から県境またいで岩手県の平泉まで行っちゃうなんて、しかもまた仙台空港まで戻ってくるという洒落にならない弾丸ツアーを組んだ我が一向は、普通じゃなかったんだよな、やっぱり・・・。
旅行プラン担当曰く「泣かされました」

確かに移動がハードで大変でした。
しかし、こういう機会でもなければ、平泉まで行くことはこの先当分はなかったでしょうから、私としては金色堂を見ることができただけでも良かったです。
片道2時間なんて、軽いよ軽い!!(笑)
中尊寺
中尊寺金色堂。
国宝第一号であり、今年世界遺産にも登録されたおかげで、今一番注目を集めている場所ではないでしょうか。
おかげで、割合早い時間に現地に着いたというのに、なんと駐車場がいっぱい!!
去年訪れた人に聞きましたら、平日というのを差し引いても、閑散としていたようなのですが、全く信じられませんね。いやはや金色堂前は押すな押すなの状態ですよ。
恐るべし世界遺産のネームバリュー。

残念ながら、金色堂が安置されている場所は撮影禁止です。
ですが、その細工は精密精巧で、まるで芸術の粋を集めたようです。
当時の都が京都でしたから、東北は都から遙か離れた北の地。きっと都人からは外国のように離れた土地の思えたに違いありません。その場所で、現代人があっと驚くような、現代の技術をもってしても造ることができるかわからないような、そして世界遺産にまでなるような、そんな芸術作品が生まれたのです。
奥州藤原氏の素晴らしい感性が忍ばれますね。
北上川遠景
中尊寺は、山がそのまま寺になっている場所です。参道は思いっ切りアップダウンがありますので、訪れるご予定のある方は、是非はき慣れた歩きやすい靴でどうぞ。
また、お時間が許す方は、中尊寺境内の観光ガイドさんについていただいて、説明をお聞きになると良いですよ。
私たちについて下さったガイドさんは年配の方ながら、ベテランガイドらしい説明がとても面白くて、歴史の勉強にもなりました。
よくぞそこまで覚えることができたと脱帽。またその健脚振りにも脱帽。いやもう、着いてかれへんっちゅーねん。

そして、山寺の上から見た景色には、心洗われるようです。
遠くに北上川の流れが垣間見えます。
義経一向もこうやって眺めていたのかしらね・・・そんなことをロマンチックに思いながら旅をしたかったのですが、そりゃもう飛行機の時間が決まっているので、とっとと旅程を進めにゃならん。
私たちはそそくさと駐車場へと戻らざるを得ませんでした。

ああ現代人って、あじけなーい!
スポンサーサイト
Copyright © Le Vent Bleu. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。